山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
2010/10/03 (Sun) 「宝塚歌劇の写真展」にて対談させて頂きます

takarazuka.jpg takarazuka_r.jpg

池田文庫様の主催となる「宝塚歌劇の写真展」にて、演出家の草野旦先生と対談させて頂くことになりました。
期間中1日のみの講演となり、ご聴講は応募制とのことです。
どうぞよろしくお願い致します。

「第80回宝塚歌劇の写真展ー春日野八千代を中心にー」
展示期間:平成22年10月13日(水)~12月5日(日)
於:(財)阪急学園 池田文庫
  (阪急宝塚線 池田駅下車 北東へ徒歩約10分)
TEL: 072-751-3185
開館時間:9:30~17:30 *入館16:30まで
その他、休館日などチラシ画像でご確認下さい。

===========================
講演会
[A] 対談「宝塚歌劇と日本舞踊」
平成22年11月7日(日)14:00より
講師:草野旦氏(宝塚歌劇団演出家)、山村若
会場:逸翁美術館マグノリアホール(池田文庫に隣接)
聴講料:500円/展示観覧料は別途必要です
定員:90名

<応募要領> *抜粋です
官製はがきに、希望講演会名(A)、参加希望人数(1名または2名)、住所、氏名、電話番号を明記の上、下記へお送り下さい。応募者多数の場合は抽選となります。車椅子ご利用の方はその旨をご記入下さい。

宛先:
〒563-0058 大阪府池田市栄本町12-1
財)阪急学園 池田文庫
「講演会」係

大阪 | comment(0) |


2010/07/17 (Sat) 宗右衛門町夏まつりで舞います

20100723.jpg

先日12日は難波八坂神社さんの船渡御に参加させていただきました。思えば戎さんで船乗り込みをさせて頂きましたので、今年、道頓堀川で舟に乗せて頂くのは2回目。ミナミのお祭りに参加させていただくのは何よりの喜びです。
さて、今年も、大阪・宗右衛門町で夏まつりが開催されます。
大好きなミナミのために僕に出来ることで一肌脱ごうと、2年前から野外ステージで舞わせて頂いています。
場所は例年通り「相合橋」で、23日金曜日に7時45分より出演します。
集まった方はどなたでもご覧いただけますし、屋台や野外ビアホールの並ぶお祭りの雰囲気も楽しいですよ。
ぜひお気軽にお運びください!

「第16回宗右衛門町夏祭り」
日時:2010年7月22日(木)・23日(金)<山村若の出演は23日のみ>
場所:相合橋特設会場
小雨決行・入場無料

大阪 | comment(0) |


2010/07/08 (Thu) 道頓堀に灯っています

夜は晴れて涼しかった七夕7日。道頓堀川祝祭提灯の点灯式でした。

lantern5.jpg
平松市長のご挨拶。

lantern2.jpg
大阪発祥の山村流。地元ミナミへの熱い思いを込めて僕も一言ご挨拶させていただきました。

lantern3.jpg
点灯したばかりの提灯。ほのかな明かりが美しいです。

lantern4.jpg
流儀一門の献灯も、相合橋辺りにこんな感じで並んでいます。
8月15日まで、毎日夜7時から灯されます。お近くまで立ち寄られた方は一度探してみてください!

大阪 | comment(0) |


2010/06/14 (Mon) 宗右衛門町と道頓堀川祝祭提灯

早くも梅雨の季節になりました。
先月の五耀會では、たくさんのご声援ありがとうございました!
東京は僕にとってはやはり地元を離れての舞台となりますので、毎回挑戦の連続です。「ままの川」は大変ご好評いただいたようで、嬉しく安堵しています。
五耀會公式ブログでは、当日の質問箱にいただいた内容に回答申し上げていますので、よろしければそちらもご高覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

lantern2010.jpg

「いっとこミナミ夏祭り 道頓堀川祝祭提灯」

さて、以前から大阪ミナミの宗右衛門町商店街さんの活動に、少しずつでもできることからと思い協力させて頂いています。
今年は、道頓堀川に祝祭提灯を献灯してライトアップするイベントが催されます。ミナミがかつての情緒を少しでも取り戻すことを願って、山村流からも心ばかりですが有志の提灯をかかげさせて頂く予定です。

名前入りの提灯は、7月7日(水)~8月15日(日)の40日間、夜7時から道頓堀水辺遊歩道「とんぼりリバーウォーク」にて点灯されています。近くまでいらした時にはちょっとお立寄りいただいて、見上げてみて頂けると何よりです。

一般の方々も献灯いただけますので、ご興味がおありの方はチラシの連絡先<宗右衛門町商店街振興組合>さんにお問い合わせください。


大阪 | comment(0) |


2009/09/08 (Tue) 「大阪人」10月号

oosakajin.jpg

雑誌「大阪人」最新号に、今年7月の宗右衛門町祭で舞わせていただいた時の記事が掲載されています。宗右衛門町の街並み美化をきっかけにして、自分たちの代でミナミが再生したらいいなと強く願っています。

大阪 | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数