山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/10/19 (Sun) 今度の東京は「蛙」を舞わせて頂きます(11/22)

H26-11mainokai-omote_convert_20141011125823.jpg

  H26-11mainokai-ura.jpg

来月11月は、毎年出演させて頂いている東京・国立劇場主催の「舞の会」です。
こちらも今年は友五郎襲名後としては初めてとなり、長男の侑も昨年に続いての出演ですが若襲名後は初めてとなります。
二人揃って、昼の部にて地唄「蛙」を舞わせて頂きます。

また、妹の山村光が、夜の部にて楽春とともに地唄「鼠の道行」を、山村流では昼の部でも若有子が地唄「傾城」を舞わせて頂きます。
動物ものは親しみやすさを兼ね備え、いずれも地唄舞をお楽しみ頂ける演目揃いとなっております。
どうぞご声援下さいますようお願い申し上げます。

『舞の会―京阪の座敷舞―』
公演日:2014年11月22日(土)

場所:国立劇場・小劇場(東京)
昼の部(午後1時開演)・・・地唄「蛙(かわず)」 友五郎、若
地唄「傾城」 若有子
夜の部(夕方4時開演)・・・地唄「鼠の道行」   光、楽春 


※詳細は、国立劇場(東京)ホームページをご覧ください。

スポンサーサイト

舞台 | comment(0) |


2014/10/11 (Sat) 来週は座敷舞道成寺です(10/18・国立文楽劇場)



10月18日(土)の東西名流舞踊鑑賞会では、長唄『座敷舞道成寺』を舞わせて頂きます。

山村流の『座敷舞道成寺』は三世宗家伝承の「山尽くし」と「娘道成寺」から座敷舞に仕立てた作品です。
後半の部分を独立して「山尽くし」と呼び、山村流の特徴である扇の扱いが難しく、また、見どころとなっております。

東西名流舞踊鑑賞会は、秋の国立文楽劇場主催公演として毎年出演させて頂いています。友五郎襲名後としてはこれが初めてですので、衣裳も一新して臨みます。どうぞお運びくださいましたら嬉しく存じます!

『東西名流舞踊鑑賞会』
2014年10月18日(土)

第二部 夕方4:30~
※友五郎の出演は第二部の『座敷舞道成寺』です。
詳細は、国立文楽劇場ホームページにてご確認ください。

舞台 | comment(0) |


2014/10/02 (Thu) 【限定製本】襲名披露プログラムと「山村流宗家所蔵 上方浮世絵図録」

*襲名披露公演プログラム、上方浮世絵図録は現在いずれも一部1,500円(送料別)で販売しております。ご希望の方はブログ右側のフォームからお知らせください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今回の襲名披露公演では、プログラムにも全曲解説を掲載致しました。芸能、学術、評論、様々なご玉稿も頂いた豪華版です。

frontpage.jpg 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そして、長年にわたって収集しておりました流儀に由縁のある上方浮世絵を、今回、一冊にまとめて、図録を刊行いたしました!

zuroku.jpg 目次

七十枚程の作品を全てカラーで収めており、美しい仕上がりとなりました。これまで浮世絵学会でも発表させて頂いたことがありますが、浮世絵に残る舞踊や振りが現在も当流に伝わることに時間を超えた趣を感じる内容になっております。往時の舞ざらい会の刷り物や、大坂の芸妓達が歌舞伎や能の趣向で練り歩いた「練りもの」という仮装行列の上方絵も収め、風俗資料として眺めて頂くにも面白い内容かもしれません。

  

専門家の方々にもご執筆頂き、充実した一冊に仕上がったことを本当に嬉しく思っております。
宗家所蔵と銘打ってはおりますが、何かに導かれるように巡り逢えた作品も多く、私自身は山村の系譜の代表としてこのコレクションを一つ一つ積み重ねて後世に伝えてゆくのだという不思議な思いに改めてうたれる事さえある、そんな作品達なのです。


上方絵 | comment(0) |


2014/10/02 (Thu) 【限定品】襲名披露Tシャツ

今回の襲名披露にあたり、襲名披露Tシャツを作成しました。自分でデザインしましたので愛着もひとしおです。
枚数限定で作成したのですが、公演当日もいろいろな方々が着て下さり、とても評判が良かったので、こちらのブログでもご紹介させて頂くことにしました。

※数枚は販売できますので、ご興味がおありの方はブログフォームからお問い合わせください。(送料込み1枚3,000円です。)
サイズは男性Mサイズです。

<背中側デザイン>
Tshirt.jpg

<背中側の裾模様>
今回の襲名披露配り物の手拭いの柄です。山村流の表紋である「流水」と、替紋の「裏桜」を組み合わせています。
image1.jpg

<正面側の裾模様>
正面はシンプルに黒一色で、裾にこの模様が入っています。こちらも襲名手拭いの柄です。
今回の襲名のために親友がデザインしてくれた「友五郎格子」を配しています。
image2.jpg

<左袖>
襲名にあたり、友人が"Tomogoro Tomorrow"というキャッチフレーズを考案してくれました。それを更に進化させ、"Tomorrow go"と入っています。未来を感じさせてくれる言葉で気に入っています。
arm1.jpg

<右袖>
こちらはシンプルに"Waka"と入っています。
arm2.jpg

このTシャツひとつ取ってみても、自分を囲んでくれるいろんな人たちが、様々に気持ちを傾け、一生懸命能力を発揮してくれて、そんな「襲名披露公演プロジェクト」に向かう温かい思いに支えられたお蔭でこの三日間を成し遂げることが出来たのだと、感謝の念を強くしています。

行事 | comment(0) |


2014/10/01 (Wed) 襲名披露公演がおひらきになりました

お蔭様で、9月26日から28日にかけての襲名披露舞扇会が無事おひらきになりました。

連日、たくさんのお客様にお運び頂き、本当に温かいご声援を賜りましたこと、心より篤く御礼申し上げます。

諸先輩方、舞踊家の方々、演奏家の方々、舞台を支えて下さった方々、流儀一門、
皆々様に伝えきれない程の感謝の念にあふれており、この数日間、余韻を嚙み締めながら過ごしております。

今後もなお一層研鑽すべく、身の引き締まる思いですが、何卒これからも益々のご厚誼の程、宜しくお願い申し上げます。

舞台 | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。