fc2ブログ
山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
2021/02/22 (Mon) 公式YouTube配信 第三十七回 地唄 『たにし』

YouTube公式配信の第三十七回目は特別ゲストとして西川箕乃助様をお迎えし、
地唄『たにし』のダイジェスト版をご覧いただけます。

地唄『たにし』は作物(さくもの)、滑稽物(こっけいもの)、おどけ物と言われる
ユーモラスな地歌の一つです。
おどけ物には動物を扱った曲が幾つか有りますが、
この曲では たにし と 烏 のやり取りや駆け引きが面白く描かれています。
 
昭和五十三年に当流の若佐紀が一人立ちとして振付初演し
文化庁芸術祭賞を受賞しました作品を第一回「友五郎の会」に際し、
許しを得て二人立ちにさせて頂きました。

長閑な春の日、田圃の畔でのんびりと日向ぼっこをしていたたにしが、
烏 に襲われて空中に連れていかれます。
食われてしまっては大変と、たにしは懸命に烏の目や羽や声の美しさ等を褒めあげます。その言葉に良い気になった烏は、たにしを助けてやりますが、
命拾いをしたたにしは、その途端にさんざんと烏を罵ります。
烏は悔しがりますが水中に帰ったたにしにもう、なすすべもないのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この地唄『たにし』を3月4日(木)に国立能楽堂で舞わせていただくことになりました。
特別日本舞踊公演 -祈り希望そして感謝を込めて- 公演案内
https://nihonbuyou.or.jp/performances/detail/387

西川箕乃助様、この度は山村流公式配信に出演を快諾していただき本当にありがとうございました。
日本舞踊西川流公式HP:https://nishikawaryu.jp/ja/​




先年の11月に国立劇場で舞わせていただいた地唄『善知鳥』が、
国立劇場様のチャンネルで公開されております。
期間中に是非ご覧になってください。
https://youtu.be/zjC7kjUjA7s​

山村流公式ホームページ:http://www.yamamuraryu.com/

第二回山村友五郎の会の動画を配信しております。以下のURLにて是非ご覧ください。
https://filmuy.com/yamamuraryu​

YouTube動画配信 | trackback(0) |


2021/02/21 (Sun) 公式YouTube配信 第三十六回 上方唄 『梅ヶ枝さん』

公式YouTube第三十六回目は上方唄『梅ヶ枝さん』を公開しております。

『梅ヶ枝さん』は浄瑠璃『ひらかな盛衰記』の、四段目・神崎揚屋の段が元になった曲で、梶原源太のために恋人の梅ヶ枝がどのようにして三百両の金を用立てるか思案する場面を唄い込んでいます。

過去の放送でも少し触れましたが、本曲は第三十四回目の時にご覧いただいた『菅丞相』の替え歌になっております。
どちらも梅繋がりということで作られた曲なのでしょうか。

時節も少し暖かくなって梅の咲く季節になりました。
長い自粛生活が続きますが皆様くれぐれもお気をつけてお過ごしください。




先年の11月に国立劇場で舞わせていただいた地唄『善知鳥』が、
国立劇場様のチャンネルで公開されております。
期間中に是非ご覧になってください。
https://youtu.be/zjC7kjUjA7s​

山村流公式ホームページ:http://www.yamamuraryu.com/

第二回山村友五郎の会の動画を配信しております。以下のURLにて是非ご覧ください。
https://filmuy.com/yamamuraryu​

YouTube動画配信 | trackback(0) |


2021/02/06 (Sat) 公式YouTube配信 第三十五回 小唄 『吉三節分』

山村流公式YouTubeでは、第三十五回目として、小唄『吉三節分』を配信しております。
本曲は歌舞伎『三人吉三廓初買』が元になった曲で、3人の盗賊が百両の金と短刀とをめぐる因果応報で刺し違えて果てるまでを描いた物語です。

『三人吉三廓初買』の大川端庚申塚の場。
おとせという夜鷹が、百両の金を忘れていった男に、その金を渡そうと追いかけているところへ、あとをつけてきたお嬢吉三(若い娘の扮装をした盗賊)が道を聞くふりをして、百両の金を奪い、大川端へ蹴落とします。

この時の「厄払い」と呼ばれるお嬢吉三の七五調の独白は、歌舞伎の名科白中の名科白として知られています。
今回の『吉三節分』はこの「厄払い」を小唄にしたものです。

色街では、節分に人々が厄除けとして色々な扮装をするお化けという風習がありました。
コロナ禍で色々な行事が中止になり寂しい事ですが、普段はお目に掛けない江戸の芝居から作られた演目を舞わせていただきます。
節分のお化けだと思ってご覧いただければ幸いです。




先年の11月に国立劇場で舞わせていただいた地唄『善知鳥』が、国立劇場様のチャンネルで公開されております。
期間中に是非ご覧になってください。
https://youtu.be/zjC7kjUjA7s

山村流公式ホームページ:http://www.yamamuraryu.com/​

第二回山村友五郎の会の動画を配信しております。以下のURLにて是非ご覧ください。
https://filmuy.com/yamamuraryu

YouTube動画配信 | trackback(0) |


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年度
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成26年度
日本芸術院賞受章
令和2年(2020年)
紫綬褒章受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数