山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/20 (Sat) 上方絵 「傾城」(けいせい)


上方絵
「十二月の内 まさ月」 
「蓬莱に聞きたし君の初便り 芝翫」 
文化14年(1817)3月 角座 大切所作事
 『莫恠踊化姿(またかいなじゅうにばけ)』 
大判錦絵 長国画 

地唄(地歌)『傾城』 詞章
かすむ夕べに見渡せば 土手を四つ手の通う神 浅茅が原の月の夜も 待乳のぬるる雪の日も 来るとは梅にうぐいすのほうほけきょうの ほの字とは 知っていながら水にすむああ恥かしの初かわず
ええしょんがえ ふけて寝る夜の閨の戸を たたくは夏の水鶏か打つとは秋の狭衣か 袂に残る移り香を しめて伏籠の埋み火に あたりの春のうら若葉 七草そえて幾千代も 栄え栄うるためしかな

三世・中村歌右衛門が文化14年角座で12ヶ月を踊り分けた『莫恠踊化姿(またかいなじゅうにばけ)』の正月「傾城」の歌詞の後半を地唄に移したものです。『莫恠踊化姿(またかいなじゅうにばけ)』が流祖・山村友五郎の振付であることから山村流に伝わる地唄の演目でも最も古いものの一つです。
 文化10年江戸中村座で歌右衛門のライバルであった三世・坂東三津五郎がつとめた同じく12ヶ月の所作事『四季詠寄三大字』(しきのながめよせてみつだい)の内の正月「傾城」(別名・門傾城)の歌詞をそのまま用いていますので江戸吉原周辺の地名が詠み込まれています。
 
 文化10年正月 中座における「慣ちよつと七化(みなろうてちょっとななばけ)」同・3月「慣やはり七化(みなろうてやはりななばけ)」における七変化が地唄となったのが「江戸土産」で、その中の「傾城」(別名・「仮初の傾城」かりそめのけいせい)から地唄にうつされたのが「閨の扇(ねやのおおぎ)」です。
  
地唄「傾城」は、10月11日(土)国立文楽劇場「東西名流舞踊鑑賞会」にて舞わせていただきます。

地唄舞 | comment(0) |


<<地唄(地歌)および地唄舞(地歌舞)について 1 | TOP | ご案内: 山村流上方舞 「雪峰会」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。