山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
2008/09/21 (Sun)

bar2.jpg

昨日は、山本能楽堂にて「初心者のための伝統芸能ナイト」がありまして、能「融」より地唄に移された地唄「融」を舞わせて頂きました。昨年、祖母の17回忌の追善舞踊会に振付し、10月のリサイタル「山村若の会」にて再演致しました演目です。源融は光源氏のモデルになった人物です。演奏者にとっても「融」は、地唄の最高峰とでもいうような大曲のようです。それだけに初心者の方には少し重い演目ではなかったかと心配しました。好きとか恨みとかというはっきりしたテーマが無く、あるのは月光の下過去の栄華を思い舞うという漠然としたものですから振付にも苦労しましたが、舞だけの力で「融」の世界が伝わればと精一杯勤めました。

さて、本日は菊原光治先生のリサイタルが松竹座でありました。息子達も無事に演奏を勤めることが出来ました。長男が国立文楽劇場より客席が近く感じると申しておりました。2階席で菊原先生の演奏を拝聴しても劇場内で音の響きが大変良く、地唄の室内音楽であるということのよさを十分感じることが出来ました。広いようで意外と狭いというか「やはり松竹座は芝居小屋なんだな。」と嬉しくなりました。

その後、菊原先生主催の打上げに参加させていただきました。「融」の話になって、演奏者の先生の一人が滋賀にある「融神社」で毎年地唄「融」を奉納として演奏されているとのこと。「人里はなれた神社ですが神が存在しているような感じを受ける神社です。」とのこと。出来れば一度参詣したく思いました。

舞台 | comment(0) |


<<地唄舞であることと座敷舞であること | TOP | 地唄(地歌)および地唄舞(地歌舞)について 1>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数