山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/02 (Sun) 黒髪

bar.jpg


今日は11月6日(木)のそごう劇場における「上方舞と上方文化」で解説をしてくださる演劇評論家の廓正子先生と打ち合わせを致しました。廓(かまえ)先生は私が生まれた時、『女系で続いてきた山村流に男の子が生まれました』と新聞記事に書いてくださった先生です。

「上方舞と上方文化」では地唄「黒髪」と長唄「浦島」を舞わせていただきます。
「黒髪」を舞台で舞わせていただくのは初めてです。着流しで(これも珍しい)舞おうかどうか迷ってます。若津也の形見の縞の小紋と一緒に頂いた襦袢を「比翼」に付けるようと頼んである衣裳が出来上がってから決めようと思っています。

地唄『黒髪』

【詞章】
黒髪の結ぼれたる 思いをば とけて寝た夜の枕こそ 
独り寝る夜はあだ枕 袖はかたしく つまじゃと云うて 
愚痴な女子の心と知らず しんと更けたる鐘の声 
昨夕の夢の今朝覚めてゆかし 懐かしやるせなや 
積もると知らで積もる白雪

【解説】
地唄「艶物」の代表的な曲です。
雪の積もる靜かな夜に片袖を夫に見立てて独り淋しく寝る女の思いを詠っています。
「艶物」とは地唄の中でも、捨てられた女心の哀れさを、枕詞、縁語、掛け言葉などによって包み込まれ優艶に詠われた作品を指しています。「黒髪」は手ほどきの曲にも使われますが、子供の頃から嗜みとして地唄や地唄舞に触れ年を経るにつれその曲趣を理解出来るようになり深く味わうようになるというのが、上方文化の奥深さであると思います。

「大商蛭子島(おおあきないひるがこじま)」で源頼朝の正妻・政子への嫉妬の念に悩みながら辰姫が髪を梳くという場面では長唄(めりやす)として用いられています。上方の唄が芝居の中で使用される事や、歌舞伎の曲が上方で流行し地唄になることもあり、芝居に密接な曲の一つです。

地唄舞 | comment(0) |


<<NHK文化センター西宮ガーデンズ教室 | TOP | 明日は荒通し「宝塚月組公演・夢の浮橋」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。