山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
2008/11/06 (Thu) 二枚扇

bar 3

今日は、そごう劇場に於いて「上方舞と上方文化」と題し、地唄(地歌)「黒髪」と長唄「浦島」を舞わせていただきました。

演劇評論家の廓正子先生との対談の中で先生よりさんざん「浦島」の二枚扇について語っていただきましたので、その直後の舞台はかなりのプレッシャーになりました。

なぜだかは分かりませんが、同じ二枚扇でも「歌右衛門狂乱」ではかなりの重圧を感じるのに対し、「浦島」の二枚扇では不思議に今まで気楽に使えていました。ところが、今日は事前にお客様が二枚扇についてご存知であり期待してご覧くださっているだけにいつになく緊張してしまいました。

ただ、今日感じた精神的圧力は来年2月に東京で舞う予定の「歌右衛門狂乱」への為にプラスになったような気がします。

花柳壽應賞を日本舞踊協会より頂くと翌年2月の日本舞踊協会公演には一人で出演することになるようです。各流共演の舞台ですので、流儀の大事な演目を持っていきたく、「歌右衛門狂乱」をと思っています。国立大劇場で「狂乱」・・・。

「山村流の扇の手は一見難しいと思えないなんでもない手が難しく、またそれを難しいと思わせていけない」と祖母も常々言っていましたが、来年2月に向けて精神的鍛錬になった舞台でした。

明日は、宝塚歌劇団月組公演「夢の浮橋」の初日です。初日の幕が開くとやっとほっと一息つけると思います。

舞台 | comment(1) |


<<国立劇場・舞の会ー京阪の座敷舞 | TOP | NHK文化センター西宮ガーデンズ教室>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

着流しの黒髪はやけに色っぽく、長唄の浦島は心浮き浮きちょっぴりはらはら(失礼!)でも、楽しく拝見しました。
お二人の芸談の内容は非常に興味深深で思わず引き込まれました。(時間が短くて)そして、これからの上方文化に対する情熱と前向きの姿勢に感銘。
来年の東京の成功を祈っていますが、其の前の京阪舞の会での舞台を期待しています。

2008/11/08 21:07 | ピノコ [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数