山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
2008/11/20 (Thu) 舞の会の楽屋

20081103.jpg

明日は『舞の会ー京阪の座敷舞』の下合わせ、22日は本番です。舞の会は国立劇場主催だけに、上方舞の舞踊家にとっては一年を締める大切な舞台です。

舞の会の楽屋は、「井上さんとこ(井上流さん)」の隣りが、「うちとこ(山村)」、で、「楳茂都さん(楳茂都流さん)」「吉村さん(吉村流さん)」とそれぞれお流儀ごとに入らせていただくようになっています。
上方舞は流儀も少ないだけに何となく親戚のような感じです。舞台前には「お先に舞わせてもらいます。」舞い終わったら「お先でした。」とそれぞれの楽屋を廻ります。

楽屋の中も家族のような雰囲気で、大きなお師匠さん方がいらした頃は、若榮、若しげ、若津也、楽正、大叔母(久子)と鏡台の位置も決まっており、奥から大きいお師匠さんの順に座っていました。本名の山村武で出演したのが1回目で、家元を継いでからは、大叔母が気を使い鏡台の順を代わってくれたのも懐かしい思い出です。

楽屋ではさんざん冗談をいいながら、「行ってきます。」と言って、舞台に立ったら鎬(しのぎ)を削る真剣勝負ー。
 
ここ近年は楽正お師匠さんとずっとご一緒でした。昨年までで最多出演だったお師匠さんは、今回休演。朗らかで華やかな楽正お師匠さんの鏡台前はいつものようにあけておくつもりです。

平成2年から毎年出演させていただき、子歳の前の年に「ねずみの仇討ち」をと、一回りして2度舞った他は毎年違う演目を出しているので、随分地唄を舞わせていただいたことになります。
「さあ、明日から東京に行ってきます。」

舞台 | comment(0) |


<<一年の終わりと始まり | TOP | 道中双六>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数