山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
2008/11/30 (Sun) 山村流地歌舞 第五回 なら玉響の会

tamayura_2.jpg

今日は、「玉響の会」の下合わせでした。「玉響の会」は門下の若女が毎回、奈良で主催し五回目の今回、奈良県新公会堂・能楽ホールにて開催することになっています。

今回は、若女門人だけでなく、若峯董門人や楽春門人も出演します。山村流の若い舞手達が、うちの稽古場にて集まり下合わせをしているのは、山村流を次代に繋げていく新しい試みとなってくれるような気がしています。

今回私は「八島」を舞います。久々なのでと、以前舞った時のビデオを見なおし、少なからずショックを受けました。創流二百年祭の折、長男・侑が「八島」を舞った時の癖というかちょっとした所作が自分にそっくりなのです。稽古の折に直そうとやかましく叱っていた癖は紛れもなく自分の癖だったのだと愕然としました・・・。

「山村流地歌舞 第五回 なら玉響の会」 
平成20年12月7日
午後1時開場 午後1時半開演
於 奈良県新公会堂・能楽堂ホール 

舞台 | comment(2) |


<<大晦日の伝統芸能ナイト | TOP | 地歌「猿蟹昔物語」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ありがとうございました 

下合わせ ありがとうございました!
ものすごーーく緊張いたしましたが
ご宗家のお稽古場で舞える機会なんて
本当にないので 思いっきり舞いました。
皆が 精一杯舞っている姿を見て
山村流の舞ってなんて品があって素敵なんだろうと
再確認。 私もこれから もっともっとお稽古して
頑張っていこうって思えました。
初コメントですが これからも 楽しみにブログ
拝見したいと思います
ありがとうございました!!!

2008/12/01 20:53 | 若峯董芳恵です [ 編集 ]


コメント有難うございました。 

よしえさん
コメントを有難うございました。ご返信遅くなってもうしわけありません。「玉響の会」お疲れ様でした。「越後獅子」は山村流の許しものです。江戸唄の「腰」と地唄の「腰」は違いますので、そこを重点的にしっかりまた、稽古してください。期待しています。

2009/01/31 02:10 | わか [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数