山村流 『吾斗ごのみ』日本舞踊上方舞山村流宗家山村友五郎 公式ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/22 (Mon) 三代目・楳茂都扇性襲名

ume.jpgume.jpgume.jpg

片岡愛之助丈が三代目・楳茂都扇性襲名の為の挨拶に来てくれました。

京都の井上八千代ご先代さん、吉村雄輝お家元さんをはじめ各界の方々に紋付袴でご挨拶に廻った16年前の自分自身の襲名を思い出しました。
八千代お師匠さん、雄輝お師匠さんには襲名披露の舞踊会にも、ご出演頂きました。

流儀でも、四天王と呼ばれた、若しげ、若栄、若津也のお師匠さん方、楽正お師匠さんと皆揃って出演していただき、思えば本当に恵まれた襲名でした。
皆、ご高齢でしたから、もう2度と出来ぬ立派な舞踊会をさせていただきました。

楽正お師匠さんが先日亡くなり、上方舞の世界は大きな星を失いました。
しかし、楳茂都流家元の襲名で、上方舞では24年ぶりに四流の家元が揃うようになります。
自分自身もすぐに替わりが勤められたわけではありませんでしたが、いろんな方々の入れ替わりとしての役割を担ってきたように思います。

宇宙では、常に星が誕生し、また、消滅してゆきます。
楽正お師匠さんの死は一つの時代の終わりとともに始まりでもあるのかもしれません。
それが、伝えること、繋げることなのかと感じています。
また、そう信じて、これからも努力してゆかねばと思っています。

上方 | comment(0) |


<<正月のお稽古場 | TOP | 継ぐこと伝えること>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

山村 友五郎

Author:山村 友五郎
本名・山村 武
文化3年(1806年)創流、上方舞・山村流の六世宗家。祖母である四世宗家、早逝した母・糸(五世宗家を諡)の遺志を継ぎ、平成4年に「若」を襲名。
流祖 山村友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、古典の維持・伝承に努め、歌舞伎・文楽・宝塚歌劇等の振付も数多く手がけている。
平成18年には創流二百年舞扇会を開催。
平成26年、流祖の名跡を「六世宗家・三代目友五郎」として襲名。併せて長男が「四代目 若」を襲名。

【賞暦】
平成13年
文化庁芸術祭新人賞受賞
平成15年
舞踊批評家協会新人賞受賞
平成18年
芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
平成19年
文化庁芸術祭優秀賞受賞
平成20年
日本舞踊協会花柳壽應賞新人賞受賞
平成21年
大阪文化祭賞受賞
平成22年
芸術選奨
文部科学大臣賞受賞
平成27年
日本芸術院賞受章

◆お問合メール◆

各公演の座席券お問い合わせもこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

*メールアドレスは正しくご入力ください。また、ご送信頂く内容はブログ管理者に直接届きます。この画面には掲示されませんのでご安心ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。